愛犬の手作りおやつ

安心・安全なおやつやフードを食べさせたい!
やっぱり一緒に生活しているワンコにも安心で安全なもの食べさせていと思う気持ちは皆さん同じなのではないでしょうか?

 
飼い主は国産・無農薬等にこだわり食材を選んで買い求めたり、外食したりしますが、ワンコ達は自分で選ぶことができません。飼い主である私たちから与えられたフードやオヤツを食べるしかないのです。

 

よく見かける犬用のオヤツも中国産、タイ産と言った外国産をよく見かけます。自分が選ばない地域で生産された物を食べさせるのに少し抵抗を感じて、産地や食材にこだわったオヤツやフードを作れないのかな?と考え実践してみました。

 

【天日干しささみジャーキー】

日本国内で流通している鶏肉は様々です。外国産もあれば国内産との表示だけの鶏肉も数多く見かけます。その中でも宮崎県、鹿児島県、岩手県で多くの鶏肉が生産されています。好きな地域の銘柄鶏のササミを使用しササミジャーキーを作ります。

 
用意するものはササミと干し網、ラップの3つだけ。
まずはササミを1本1本ラップに包んで冷凍庫へ。このひと手間をかけることで次の作業工程が大変楽になります。

 
冷凍したササミを半解凍してお好みの厚さにザクザクとスライス。(理想は2ミリ幅)
次に干し網の上に並べて、お天気のよい日に2~3日干すだけで出来上がりです。

 
太陽と風のお陰でカラカラに乾燥し、香ばしい香りが漂うササミジャーキーが完成します。火を加えていないので、食材が持つ酵素を破壊していないとも言われています。

 
我が家のワンズは大のお気に入りで、保存容器の蓋を開けただけで目をキラキラさせて大喜びです。この方法を使って、牛肉の赤身や馬肉でのジャーキー作りも可能です。

 

鶏以外のお肉の場合、脂身は乾燥しにくいと言う性質がある為、注意が必要です。同じく注意が必要なのは豚肉。豚肉はしっかりと火を通さないと駄目な食材ですので天日干しには向いていません。

 
低温で様々な食材を乾燥させる「フード乾燥機」を購入しようか迷いましたが、太陽の日差しを浴びて、自然乾燥させている天日干しの干物にヒントを得て自然乾燥にチャレンジした結果、自家製のオヤツが完成しました。

 

 
気温と湿度が低くなる晩秋から桜の花が咲く頃までが天日干しに適した季節です。

 

【おからクッキー】

ヘルシーなおからを使ったクッキーです。
用意するものはおからとカボチャやサツマイモ等の練り込むお野菜や果物、そしてスキムミルク等の乳成分です。

 
茹でたカボチャ(サツマイモ)を潰しておからと一緒によく混ぜます。そこにスキムミルク等の乳成分を加えて練り込んだら生地は完成です。

 

 

好みの厚さに伸ばして成型し、オーブンで焼き上げると手作りのクッキーが完成します。ほんのりと野菜の甘みがする優しい味です。
家族の一員でもあるワンコに手作りオヤツを作ってみませんか?

愛犬に手作りご飯を食べさせたいならドッグレシピプランナーの資格などがおすすめです。是非参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です