投稿者「inunekodaizuki」のアーカイブ

わんこと飼い主の戦い

我が家には親子のトイプードルがいます。比較的大きい親と標準より少し大きい娘のわんこです。親はなんのこだわりもなくただただ、食べることが大好きなので、いままでドッグフードを残したことはないのですが、娘のわんこは非常にこだわりがあり、しょっちゅう残してしまいます。

 

娘が残したドッグフードを親わんこが食べて太るという悪循環を繰り返してます。飼い主としとても色々と工夫をしてみました。まずは定番のわんこ用のふりかけ。毎日だと飽きるようで残すようになり、何種類かを用意しています。鰹風味、ささみ風味、などなど。

 

親わんこは食欲旺盛でなんでも食べるのですが、ドッグフードだけでは食欲が満たされないようで、野菜を湯がいで満腹感を与えています。獣医さんからのアドバイスでブロッコリーの芯が栄養があって、カロリーが低いので、ダイエット食に最適とのことで、キャベツとブロッコリーを毎日湯がいてドッグフードに混ぜています。

 

たまにかぼちゃやさつまいもなどを混ぜると大喜びでたべてくれます。ですが、娘わんこは野菜だけ頂いて、ドッグフードを残してしまい、また親わんこが食べてしまうという悪循環とそれをさせまじとする、飼い主との戦いが日夜繰り広げられている我が家です。

 

親戚の犬の話です。

私の親戚はコーギーを飼っています。素直な性格でとても愛嬌があります。歯がとても丈夫でガムを与えると、夢中になって食べています。顎の筋肉が強いので、硬いガムでも直ぐになくなってしまいます。しかし、本当は時間を決めて途中で取り上げるほうが良いです。

 

また犬もストレスが溜まっていることがあるので、ガムを与える事によって、ストレス解消効果があります。バリバリと勢いよく食べるので「歯が折れるのでは」と心配になることがあります。うちの犬には、あまりガムを与える事はありません。以前に購入した事がありましたが、毛が沢山ついてしまって少し気になりました。

 

最近、親戚の犬は体重が増えてきたので、健康面も考えて牛アキレスを与えているそうです。牛アキレスは低カロリーでダイエット中の犬におすすめです。また乾燥おやつは、愛犬の食べ方や習性により、喉に詰まらせ重大事故に繋がる危険性があります。

 

与える時は、必ず飼い主が観察して下さい。噛むことによって歯茎が鍛えられますが、高齢犬や歯の弱い犬の場合は、硬い骨は歯にダメージを与える場合がありますので注意して下さい。家族間で連絡が行き届いていないと、おやつを与え過ぎてしまう場合があります。与える時間を決めることや、誰が与えるかなど、家族間で決めるのも良いと思います。

飼い主の見極め

うちでは、トイプードルを買っていますが、好きな ものしか食べないというふうに甘えた子に育ててしまいました。
そのため、気に入らないご飯の場合翌日になってもそのままボウルの中にドッグフードが残っていることもしばしば…。

 
いつもはホームセンターで、缶詰とドライフードを買いその日の気分で使い分けてあげていましたが、本人的にはドライフードより缶詰の方が好きらしく缶詰の時の方が食いつきは良かったです。
商品としては、どこのホームセンターにでも売っているようなメジャーな商品ばかり買っていました。

 
ただ、ついこの間、そんな愛犬に皮膚病が発生してしまいました。
なんだかいつも痒そうにしているなと思いお腹を見てみると、お腹が赤くただれていました。
そのため、すぐに動物病院に連れて行きましたが、その時にお医者さんに言われたことが原因は食事ではないかということでした。

 
ドッグフードを選ぶ際に気をつけなければならないことは、裏の成分表をよく見ることだそうです。
それまではそんなこと気にしたことがなかったけど、それ以来オーガニックのドッグフードを与えるように変えました。
そうすると、お腹のただれも改善されてきて1ヶ月も経たないうちに皮膚病も治りました。

 

遊びながら与えています。

愛犬はおやつを見ると尻尾を振り、勝手にオスワリを始めます。「早くおやつ欲しい」目で訴えかけてきます。以前はおやつをそのまま与えていたのですが、直ぐに食べ終わってしまいました。最近は、おやつを玩具の中に入れて与えています。

 

音が鳴るタイプの知育玩具で、遊びながら中に入れた、おやつを取り出すことができます。またトレーニング効果があり知育に繋がるのでおすすめです。愛犬はダックスフントなのですが、前足で玩具を抑えようとします。しかし、脚が短いため玩具を抑えきれません。

 

その光景がとても可愛く思えます。最近使っている玩具は、分解できるので中を綺麗に洗えて気に入っています。おやつの種類も色々あり、始めは色々試しましたが、最近は、鹿アキレスを良く与えています。牛や馬のアキレスもありますが、鹿アキレスの方が細いので、ハサミで切りやすいです。いつも玩具に入る大きさにカットして与えています。

 

また鉄分が豊富に入っているので、とても人気の商品です。この前は、購入しようとしたら売り切れになっていました。うちのお父さんが、犬用のおやつをお酒のおつまみと間違って食べてしまった事がありました。その体験があってから犬用の物は、日頃から置き場所をしっかり決めるようにしました。皆さんも気をつけて下さい。

愛犬の手作りおやつ

安心・安全なおやつやフードを食べさせたい!
やっぱり一緒に生活しているワンコにも安心で安全なもの食べさせていと思う気持ちは皆さん同じなのではないでしょうか?

 
飼い主は国産・無農薬等にこだわり食材を選んで買い求めたり、外食したりしますが、ワンコ達は自分で選ぶことができません。飼い主である私たちから与えられたフードやオヤツを食べるしかないのです。

 

よく見かける犬用のオヤツも中国産、タイ産と言った外国産をよく見かけます。自分が選ばない地域で生産された物を食べさせるのに少し抵抗を感じて、産地や食材にこだわったオヤツやフードを作れないのかな?と考え実践してみました。

 

【天日干しささみジャーキー】

日本国内で流通している鶏肉は様々です。外国産もあれば国内産との表示だけの鶏肉も数多く見かけます。その中でも宮崎県、鹿児島県、岩手県で多くの鶏肉が生産されています。好きな地域の銘柄鶏のササミを使用しササミジャーキーを作ります。

 
用意するものはササミと干し網、ラップの3つだけ。
まずはササミを1本1本ラップに包んで冷凍庫へ。このひと手間をかけることで次の作業工程が大変楽になります。

 
冷凍したササミを半解凍してお好みの厚さにザクザクとスライス。(理想は2ミリ幅)
次に干し網の上に並べて、お天気のよい日に2~3日干すだけで出来上がりです。

 
太陽と風のお陰でカラカラに乾燥し、香ばしい香りが漂うササミジャーキーが完成します。火を加えていないので、食材が持つ酵素を破壊していないとも言われています。

 
我が家のワンズは大のお気に入りで、保存容器の蓋を開けただけで目をキラキラさせて大喜びです。この方法を使って、牛肉の赤身や馬肉でのジャーキー作りも可能です。

 

鶏以外のお肉の場合、脂身は乾燥しにくいと言う性質がある為、注意が必要です。同じく注意が必要なのは豚肉。豚肉はしっかりと火を通さないと駄目な食材ですので天日干しには向いていません。

 
低温で様々な食材を乾燥させる「フード乾燥機」を購入しようか迷いましたが、太陽の日差しを浴びて、自然乾燥させている天日干しの干物にヒントを得て自然乾燥にチャレンジした結果、自家製のオヤツが完成しました。

 

 
気温と湿度が低くなる晩秋から桜の花が咲く頃までが天日干しに適した季節です。

 

【おからクッキー】

ヘルシーなおからを使ったクッキーです。
用意するものはおからとカボチャやサツマイモ等の練り込むお野菜や果物、そしてスキムミルク等の乳成分です。

 
茹でたカボチャ(サツマイモ)を潰しておからと一緒によく混ぜます。そこにスキムミルク等の乳成分を加えて練り込んだら生地は完成です。

 

 

好みの厚さに伸ばして成型し、オーブンで焼き上げると手作りのクッキーが完成します。ほんのりと野菜の甘みがする優しい味です。
家族の一員でもあるワンコに手作りオヤツを作ってみませんか?